お知らせ・イベント

この催しは終了しました。 市民講座「小金井と水―水の恵みを再考―」

小金井市の地名が「黄金に値する豊かな水が湧く」ことに由来するといわれるように、私たちは水などの自然がもたらす豊かな恵みを受けてきました。今回は小金井を舞台とした髙村 薫著『我らが少女A』をモチーフに、武蔵野の水風景の成り立ちについて考えます。また、野外研修では山梨県富士山科学研究所に行き、富士山と水をテーマに自然環境学習を行い、自然環境への関心を高めます。
回 日時 内容
1  令和元年10月3日(木曜日)午前10時から正午まで  髙村 薫著『我らが少女A』の舞台・武蔵野の水辺(座学)
  小説の舞台になった武蔵野の水風景の成り立ちについて学びます。
2  令和元年10月17日(木曜日)午前10時から正午まで 晴天:髙村 薫著『我らが少女A』の舞台・野川を歩く(野外研修)
  公民館東分館に集合後、水のスポットを散策し現地解散となります。
  雨天:世界と小金井の水問題(座学)
  公民館東分館にて、学習します。
3  令和元年10月24日(木曜日)午前8時20分から午後5時頃まで 野外研修 山梨県富士山科学研究所訪問
  「水との環境共生を考える」と題し、現地研究員による富士山と水をテーマとした講義と、研究所内の森の中を歩き自然がもたらす恵みについて学びます。
  マイクロバスで移動します。昼食をご持参ください。

場所
10月3日  公民館東分館 1階集会室A・B
10月17日  晴天の場合、公民館東分館 1階集会室A・Bに集合後、野川周辺を散策し現地解散
        雨天の場合、公民館東分館 1階集会室A・B
10月24日  山梨県富士山科学研究所

講師
第1回、第2回  橋本 淳司さん(水ジャーナリスト)
第3回  内山 高さん(山梨県富士山科学研究所研究員)ほか

対象・定員
2時間程度歩け、全回出席できる市内在住・在勤・在学の方 16人(申込順)

参加費
無料

申込方法
令和元年9月18日(水曜日)午前9時から電話または、公民館東分館窓口へ

問合せ  
公民館東分館  電話042-384-4422


発行日:2019/09/13 (平成31年09月13日)   最終更新日:2019/10/24 (平成31年10月24日)

アクセス・インフォメーション


住所

郵便番号 184-0011
東京小金井市東町1-39-1
東センター

交通機関

JR中央線 東小金井駅から徒歩約15分
西武多摩川線 新小金井駅から徒歩約3分
三鷹駅から「小田急バス鷹53新小金井駅行」乗車、新小金井駅下車徒歩1分
CoCoバス 中町循環(0) 新小金井駅バス停下車徒歩3分
CoCoバス 東町循環(10)新小金井駅バス停下車徒歩1分


電話・E-MAIL

東センター 図書館東分室 電話:042-383-4550
東センター 公民館東分館 電話:042-384-4422
E-MAIL: k020413☆k.email.ne.jp
NPO法人 市民の図書館・公民館こがねい 電話:042-385-3401
FAX :042-385-3402
E-MAIL:info☆ntk-koganei.org

E-MAILアドレスは☆を@に変更してご利用ください。


休館日・開館時間

休館日

東センターの休館日は図書館・公民館とも
毎月 第1火曜日と第3火曜日、年末年始、ほか臨時休館日(図書館)です。

開館時間

図書館は午前9時から午後7時まで
公民館は午前9時から午後10時まで



地図